Page Top

参考サイト anchor.png

Page Top

参考書籍 anchor.png

Page Top

過去ログ 97/11/09 anchor.png

 学生最後の年、卒業研究発表の準備をおろそかにして、ホノルルマラソンに参加。 フルマラソン経験はそれ以来3度しかないが、その体験談などの紹介ページ。

    •  初マラソンスタート前の緊張に、武者震いがしたのを覚えている。 それにしても、この頃は若かった!
    •  この頃、既にホノルルマラソンはブームで、約1万人の参加者の半数以上は、日本人だった。 また、この年は 郷ひろみ がテレビ撮影とともに参加したようだが、 私はもう一歩の差で敗退した。(笑)
    •  タイム → 3時間48分59秒
       素人の初マラソンにしては、目標タイムの4時間も切れて上出来であった。しかし、ペース配分はむちゃくちゃで、 30Km過ぎからは、ほとんど歩いたような状態であった。練習では20Kmまで走っていたのだが、 フルマラソンがこれほど過酷なものとは想像以上だった。
    •  折角ハワイに来たのだから、あとの2日間は観光を楽しんだ。 もっとも、 1週間は足が痛くておかしな歩き方をしていた。
       

  • その後のマラソン
    •  95年、つくばマラソン (開催日:95/11/26)
        タイム → 4時間38分 くらいだった(忘れてしまった)
       10年間のブランクから明けた、2回目のマラソン。練習で30Kmまで走り、 序盤スローペースを維持したが、中盤飛ばしすぎてまたもや失速。
    •  96年、小笠掛川マラソン (開催日:96/04/21) スプリットタイムグラフ、3.3Kb
       なんとか4時間を切りたかったので、練習もがんばって万全の体調で臨んだ。 学生時代の後輩の家へ当時の仲間3人で押しかけて、前夜祭も早々に切り上げての挑戦。
split.gif

 タイム →    4時間 3分 6秒
 ネットタイム → 3時間58分50秒

   ・・・ネットタイムとは、最近の大会で採用されている 「ランナーズチャンピオンチップ」というものを自分の靴ひもに結び付けて、 スタートゲートからゴールゲートの間の本当の通過時間を計測してくれたものである。
 この方法では、スタートしてからスタートゲート通過まで数分かかるような場合でも、 そのロス時間を気にしなくてよいので、スタートの混乱を防げるばかりでなく、 5キロ毎のラップタイムも測定し、後日送付してくれる。

 この日は調子が良く、ペース配分も理想的で、最後は嬬恋の心臓破りの坂もなんのその、 ラストスパートまでしてしまった。
 歩かずに走破できた最初の経験だったのだが、ラストスパートに入ってからの給水所に 名物の「キウイ」が置いてあったことを気づかずに通過し、残念な思いをしたのだった。(^^;
 それでもネット4時間を切れたのは、最高に嬉しかった!!

    •  その後1年ほどトレーニングを続けたが、子供の誕生のあたりから、 この1年は走ることすらしなくなってしまった。
       次回のマラソンはいつになることやら・・・ (笑) 


Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 64, today: 1, yesterday: 0
Princeps date: 2019-06-28 (Fri) 20:41:18
Last-modified: 2019-08-18 (Sun) 19:49:35 (JST) (118d) by OKIna