カルニチン anchor.png

  • ランネットランニング用語辞典カルニチン
  • Wikipedia:カルニチンン
    Wikipedia引用:
    カルニチン(carnitine)は、生体の脂質代謝に関与するビタミン様物質で、アミノ酸から生合成される誘導体である。動物の体内で生合成されるため必須アミノ酸ではない。
    立体異性体のうち脂質代謝に利用されるのは L-カルニチンのみであり、エナンチオマーのD-カルニチンは活性がないとされている。日本においては、食品分野で利用されるL-カルニチン、希少疾病用医薬品であるレボカルニチン、胃薬として使用されるDL-カルニチンがある。以下は特に断らない限りL体について記述する。分子式は C7H15NO3、分子量 161.20、CAS登録番号(L体)541-15-1。
Page Top

関連項目 anchor.png




Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 79, today: 1, yesterday: 1
Princeps date: 2017-12-12 (Tue) 14:16:00
Last-modified: 2017-12-12 (Tue) 14:16:00 (JST) (94d) by 管理人