コンドロイチン anchor.png

コンドロイチン硫酸

  • ランネットランニング用語辞典コンドロイチン
  • Wikipedia:コンドロイチン
    Wikipedia引用:
    コンドロイチン硫酸(コンドロイチンりゅうさん、chondroitin sulfate)は、動物体内にみられるグリコサミノグリカン(ムコ多糖)の一種。通常、コアタンパク質と呼ばれる核となるタンパク質に共有結合したプロテオグリカンとして存在する。特に軟骨の細胞外マトリックスにアグリカンと呼ばれるプロテオグリカンとして多く存在するが、皮膚などの結合組織、脳などあらゆる組織に広くみられる。
Page Top

関連項目 anchor.png




トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 35, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2017-12-14 (木) 21:50:26
最終更新: 2017-12-14 (木) 21:50:26 (JST) (432d) by OKIna