タウリン anchor.png

  • ランネットランニング用語辞典タウリン
  • Wikipedia:タウリン
    Wikipedia引用:
    タウリン (英:taurine)とは、構造式がH2N-CH2-CH2-SO3H の物質。別名 アミノエチルスルホン酸。IUPAC名は 「2-アミノエタンスルホン酸」。タウリンは常温では、無色の柱状の結晶。水溶性であり、エタノールには不溶。分子量 125.15。約300℃で分解する。
    生体にとって重要な物質であり、ヒトにとっても重要であり、イカ・タコ・カキなどの軟体動物では組織に遊離状態で豊富に存在し、また他の様々な動物の体内でも見つかっている。
    タウリンは生体内で重要な働きを示す分子であり、含硫アミノ酸から合成される。なお、タウリンはカルボキシル基を持たないため、狭義にも広義にもアミノ酸には分類されない。タウリンは、原則としてタンパク質を構成せず[1]、DNAの遺伝暗号にもコードされていない(参考:タンパク質を構成するアミノ酸)。通常、遊離状態で種々の動植物の組織中に見出される。
    有機合成化学ではシスタミンの酸化、システアミンの酸化のほか、ブロモエタンスルホン酸とアンモニアなどから誘導される。
Page Top

トレーニング anchor.png

Page Top

関連項目 anchor.png




トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 34, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2017-12-23 (土) 15:51:56
最終更新: 2017-12-23 (土) 15:51:56 (JST) (423d) by 管理人