タウリン anchor.png

  • ランネットランニング用語辞典タウリン
  • Wikipedia:タウリン
    Wikipedia引用:
    タウリン (英:taurine)とは、構造式がH2N-CH2-CH2-SO3H の物質。別名 アミノエチルスルホン酸。IUPAC名は 「2-アミノエタンスルホン酸」。タウリンは常温では、無色の柱状の結晶。水溶性であり、エタノールには不溶。分子量 125.15。約300℃で分解する。
    生体にとって重要な物質であり、ヒトにとっても重要であり、イカ・タコ・カキなどの軟体動物では組織に遊離状態で豊富に存在し、また他の様々な動物の体内でも見つかっている。
    タウリンは生体内で重要な働きを示す分子であり、含硫アミノ酸から合成される。なお、タウリンはカルボキシル基を持たないため、狭義にも広義にもアミノ酸には分類されない。タウリンは、原則としてタンパク質を構成せず[1]、DNAの遺伝暗号にもコードされていない(参考:タンパク質を構成するアミノ酸)。通常、遊離状態で種々の動植物の組織中に見出される。
    有機合成化学ではシスタミンの酸化、システアミンの酸化のほか、ブロモエタンスルホン酸とアンモニアなどから誘導される。
Page Top

トレーニング anchor.png

Page Top

関連項目 anchor.png




Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 37, today: 1, yesterday: 0
Princeps date: 2017-12-23 (Sat) 15:51:56
Last-modified: 2017-12-23 (Sat) 15:51:56 (JST) (487d) by 管理人