フラット走法 anchor.png

フラットフット

  • ランネットランニング用語辞典フラット走法
  • Wikipedia:フラット走法
    Wikipedia引用:
    フラット走法(フラットそうほう)とは、長距離走の走法(フォーム)の一種である。
    足をフラットに着地することから、フラット走法と言う。長距離走では従来、一般の人が趣味で行う場合は、踵からの着地(リアフット・ストライク又はヒールストライク:heel strike)が推奨されてきた。これは、足腰にかかる負担が低いためである。日本では、競技者の間でもマラソンなどの長距離走ではヒール・ストライクを行う選手が多い。これに対し、「フラット走法」では重心付近に足裏全体をフラットにして足を着地させる(ミッドフット・ストライク:midfoot strike)。
    中距離走、短距離走においては、古くから競技者の間では母子球を中心とした足の前半部分で着地し、速度が速い場合は踵を地に着けない走法(トウストライク又はフォアフット・ストライク:forefoot strike)が行われているが、アフリカ系選手では、長距離走においてもミッドフット・ストライクやフォアフット・ストライクを行う選手が多い。
Page Top

トレーニング anchor.png

フォアフット
ミッドフット
ヒールストライク/リアフット

Page Top

関連項目 anchor.png




トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 41, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2017-12-23 (土) 17:54:48
最終更新: 2017-12-23 (土) 17:54:48 (JST) (422d) by 管理人