これらのキーワードがハイライトされています:用語辞典 ランニング用語辞典

Return to 用語辞典
  • TopPage (440d) [  当サイト「AGC Runners」は、AGC及び関連企業と、そのOB・OGのランニング仲間が集うポータルサイトです。(関係者以外の方は登録できません) ]
    ...の掲載など便利に利用できると思います。   また、掲示板や日記の本文にもwiki書式が使えます。 wikiで作成した用語辞典、栄養素、書籍などのページに自動リンクが挿入されますので、リンクを張る手間が省けます。 どうぞご利用ください。 新着情報 操作方法 用語辞典 栄養素 書籍 大会
  • 栄養素​/アスタキサンチン (434d) [ アスタキサンチン ]
    アスタキサンチン ランネット:ランニング用語辞典:アスタキサンチン Wikipedia:アスタキサンチン Wikipedia引用: アスタキサンチン (astaxanthin, astaxanthine) は1938年にリヒャルト・クーンらにより発見された色素物質である。β-カロテンやリコピンなどと同じくカロテノイドの一種で、キサントフィル類に分類される。IUPAC名は 3,3'-ジヒドロキシ-β,β-カロテン-4,4'-ジオン。名前はギリシャ語の "yellow flower"...
  • 栄養素​/アデノシン三リン酸 (434d) [ アデノシン三リン酸 ]
    アデノシン三リン酸 ランネット:ランニング用語辞典:アデノシン三リン酸 Wikipedia:アデノシン三リン酸 Wikipedia引用: アデノシン三リン酸(アデノシンさんリンさん、adenosine triphosphate)とは、アデノシンのリボース(=糖)に3分子のリン酸が付き、2個の高エネルギーリン酸結合をもつ化合物のこと[1]。IUPAC名としては「アデノシン 5'-三リン酸」。一般的には、「adenosine triphosphate」の下線部のアルファベットをとり、短縮形で「ATP(エ...
  • 栄養素​/アミノ酸 (434d) [ アミノ酸 ]
    アミノ酸 ランネット:ランニング用語辞典:アミノ酸 Wikipedia:アミノ酸 Wikipedia引用: アミノ酸(アミノさん、英: amino acid)とは、広義には(特に化学の分野では)、アミノ基とカルボキシル基の両方の官能基を持つ有機化合物の総称である。一方、狭義には(特に生化学の分野やその他より一般的な場合には)、生体のタンパク質の構成ユニットとなる「α-アミノ酸」を指す。分子生物学など、生体分子をあつかう生命科学分野においては、遺伝暗号表に含まれるプロリン(イミノ酸に分類される)を、便...
  • 栄養素​/アルギニン (433d) [ アルギニン ]
    アルギニン ランネット:ランニング用語辞典:アルギニン Wikipedia:アルギニン Wikipedia引用: アルギニン (arginine) は天然に存在するアミノ酸のひとつ。2-アミノ-5-グアニジノペンタン酸(2-アミノ-5-グアニジノ吉草酸)のこと。略号は R あるいは Arg。示性式 H2NC(=NH)NH(CH2)3CH(NH2)COOH で表される。英発音に基づき、アージニンともいう。 トレーニング 関連項目 Prev Next 栄養素
  • 栄養素​/イソロイシン (433d) [ イソロイシン ]
    イソロイシン 分岐鎖アミノ酸 ランネット:ランニング用語辞典:イソロイシン Wikipedia:イソロイシン Wikipedia引用: イソロイシン (isoleucine) はアミノ酸の一種で2-アミノ-3-メチルペンタン酸(2-アミノ-3-メチル吉草酸)のこと。側鎖に sec-ブチル基を持つ。略号は Ile または I。ロイシンの構造異性体である。「アイソリューシン」と英語読みで音訳される。 疎水性アミノ酸に分類される。蛋白質構成アミノ酸の1つで、必須アミノ酸である。糖原性・ケト原性を持つ トレ...
  • 栄養素​/イミダゾールジペプチド (433d) [ イミダゾールジペプチド ]
    イミダゾールジペプチド ランネット:ランニング用語辞典:イミダゾールジペプチド Wikipedia:イミダゾールジペプチド Wikipedia引用: イミダゾールジペプチド (英:Imidazole dipeptide) は、イミダゾール基を含むアミノ酸が結合したペプチドであり、代表的な成分としてカルノシン(β-alanyl-L-histidine)とアンセリン(β-alanyl-3-methyl-L-histidine)、バレニン(Nα-β-Alanyl-1-methyl-L-histidine)...
  • 栄養素​/インスリン (433d) [ インスリンショック ]
    インスリンショック ランネット:ランニング用語辞典:インスリンショック Wikipedia:インスリン Wikipedia引用:インスリンは血糖値の恒常性維持に重要なホルモンである。血糖値を低下させるため、糖尿病の治療にも用いられている。逆にインスリンの分泌は血糖値の上昇に依存する。 従前は「インシュリン」という表記が医学や生物学などの専門分野でも正式なものとして採用されていたが、2006年現在はこれらの専門分野においては「インスリン」という表記が用いられている。一般にはインスリンとインシュリンの両...
  • 栄養素​/ウコン (433d) [ ウコン ]
    ウコン ランネット:ランニング用語辞典:ウコン Wikipedia:ウコン Wikipedia引用: ウコン(鬱金、欝金、宇金、郁金、玉金)は、ショウガ科ウコン属の多年草。学名 Curcuma longa [ syn. C. domestica ]。英語名ターメリック (turmeric)。インドが原産であり、紀元前からインドで栽培されている。「鬱金」の原義は「鮮やかな黄色」。呉音「ウッコン」が転訛しウコンとなった。 関連項目 Prev Next 栄養素
  • 栄養素​/オルニチン (433d) [ オルニチン ]
    オルニチン ランネット:ランニング用語辞典:オルニチン Wikipedia:オルニチン Wikipedia引用 オルニチン (ornithine、略称 Orn) は、アミノ酸の1種で、有害なアンモニアを尿素に変換する尿素回路を構成する物質の1つである。アルギニンの分解によって生成する。分子式は C5H12N2O2、IUPAC命名法では 2,5-ジアミノペンタン酸(2,5-diaminopentanoic acid)と表される。分子量は 132.16。2番炭素がキラル中心であるため、1対の鏡像異性体を...
  • 栄養素​/カプサイシン (433d) [ カプサイシン ]
    カプサイシン ランネット:ランニング用語辞典:カプサイシン Wikipedia:カプサイシン Wikipedia引用: カプサイシン (capsaicin) はアルカロイドのうちカプサイシノイドと呼ばれる化合物のひとつ。部分構造にバニリン由来のバニリル基を持つために、バニロイド類にも属す。唐辛子の辛味をもたらす主成分で、辛味の指標であるスコヴィル値における基準物質。化合物名はトウガラシ属の学名Capsicum に因む。 関連項目 Prev Next 栄養素
  • 栄養素​/カリウム (433d) [ カリウム ]
    カリウム ランネット:ランニング用語辞典:カリウム Wikipedia:カリウム Wikipedia引用: カリウム(ドイツ語: Kalium [ˈkaːliʊm]、新ラテン語: kalium)は原子番号 19 の元素で、元素記号は K である。原子量は 39.10。アルカリ金属に属す典型元素である。医学・薬学や栄養学などの分野では英語のポタシウム (Potassium [poʊˈtæsiəm]) が使われることもある。和名では、かつて加里(カリ)または剥荅叟母(ぽたしうむ)という当て字が用いられた...
  • 栄養素​/カルシウム (433d) [ カルシウム ]
    カルシウム ランネット:ランニング用語辞典:カルシウム Wikipedia: Wikipedia引用:カルシウム カルシウム(新ラテン語: calcium[1]、英: calcium [ˈkælsiəm])は原子番号 20、原子量 40.08 の金属元素である。元素記号は Ca。第2族元素に属し、アルカリ土類金属の一種で、ヒトを含む動物や植物の代表的なミネラル(必須元素)である。 関連項目 Prev Next 栄養素
  • 栄養素​/カルニチン (433d) [ カルニチン ]
    カルニチン ランネット:ランニング用語辞典:カルニチン Wikipedia:カルニチンン Wikipedia引用: カルニチン(carnitine)は、生体の脂質代謝に関与するビタミン様物質で、アミノ酸から生合成される誘導体である。動物の体内で生合成されるため必須アミノ酸ではない。 立体異性体のうち脂質代謝に利用されるのは L-カルニチンのみであり、エナンチオマーのD-カルニチンは活性がないとされている。日本においては、食品分野で利用されるL-カルニチン、希少疾病用医薬品であるレボカルニチン、胃薬と...
  • 栄養素​/キサントフィル (433d) [ 栄養素/キサントフィル ]
    ランネット:ランニング用語辞典: Wikipedia:キサントフィル Wikipedia引用: キサントフィル(英:Xanthophyll、独:Xanthophylle)は、カロテノイド由来の黄色の色素である。分子構造はカロテンが基本であるが、カロテンとは違い水素原子のいくつかがヒドロキシル基、または同じ炭素原子に結合する水素原子のペアがオキソ基と置換した構造を持つ。キサントフィルはほとんどの植物に存在し、葉の色素体で生合成される。緑色のクロロフィルとともに光合成に関わっている。なお、クロロフィルは...
  • 栄養素​/クエン酸 (433d) [ クエン酸 ]
    クエン酸 ランネット:ランニング用語辞典:クエン酸 Wikipedia:クエン酸 Wikipedia引用: クエン酸(クエンさん、citric acid)は、示性式 C(OH)(CH2COOH)2COOH で、柑橘類などに含まれる有機化合物で、ヒドロキシ酸のひとつである。 漢字では「枸櫞酸」と記される。枸櫞とは漢名でマルブシュカン(シトロン)を指す。レモンをはじめ柑橘類に多く含まれていることからこの名がついた。柑橘類の酸味の原因はクエン酸の味に因るものが多い。また、梅干しにも多量に含まれている。 ト...
  • 栄養素​/クエン酸回路 (433d) [ クエン酸回路 ]
    クエン酸回路 ランネット:ランニング用語辞典:クエン酸回路 Wikipedia:クエン酸回路 Wikipedia引用: クエン酸回路(クエンさんかいろ)とは好気的代謝に関する最も重要な生化学反応回路であり、酸素呼吸を行う生物全般に見られる。1937年にドイツの化学者ハンス・クレブスが発見した(この功績により1953年にノーベル生理学・医学賞を受賞)。解糖や脂肪酸のβ酸化によって生成するアセチルCoAがこの回路に組み込まれ、酸化されることによって、電子伝達系で用いられるNADHなどが生じ、効率の良いエ...
  • 栄養素​/クレアチン (433d) [ クレアチン ]
    クレアチン ランネット:ランニング用語辞典:クレアチン Wikipedia:クレアチン Wikipedia引用: クレアチン (creatine) とは、1-メチルグアニジノ酢酸(あるいはメチルグリコシアミン)のことで、有機酸の一種である。略号は Cr。筋肉中に存在する。 クレアチンは生体内において4-ホスホクレアチン(クレアチンリン酸)に変換され、エネルギー源として貯蔵される(後述)。そのため、瞬発力を必要とするスポーツなどに有効といわれており、クレアチンパウダーが多数のメーカーからサプリメントと...
  • 栄養素​/クロム (433d) [ クロム ]
    クロム ランネット:ランニング用語辞典:クロム Wikipedia:クロム Wikipedia引用: クロム(英: chromium [ˈkroʊmiəm]、独: Chrom [ˈkroːm]、羅: chromium、中: 鉻)は原子番号24の元素。元素記号は Cr。クロム族元素の1つ。 関連項目 Prev Next 栄養素
  • 栄養素​/グリコーゲン (433d) [ グリコーゲン ]
    グリコーゲン ランネット:ランニング用語辞典:グリコーゲン Wikipedia:グリコーゲン Wikipedia引用: グリコーゲン (glycogen) あるいは糖原(とうげん)とは、多数のα-D-グルコース(ブドウ糖)分子がグリコシド結合によって重合し、枝分かれの非常に多い構造になった高分子である。動物における貯蔵多糖として知られ、動物デンプンとも呼ばれる。植物デンプンに含まれるアミロペクチンよりもはるかに分岐が多く、8~12残基に一回の分岐となる(糖合成はDNAに支配されないため)。直鎖部分の...
  • 栄養素​/グルコサミン (433d) [ グルコサミン ]
    グルコサミン ランネット:ランニング用語辞典:グルコサミン Wikipedia:グルコサミン Wikipedia引用: グルコサミン(Glucosamine、化学式C6H13NO5)は、グルコースの2位の炭素に付いている水酸基がアミノ基に置換されたアミノ糖の一つである。 関連項目 Prev Next 栄養素
  • 栄養素​/グルタミン (433d) [ グルタミン ]
    グルタミン ランネット:ランニング用語辞典:グルタミン Wikipedia:グルタミン Wikipedia引用: グルタミン (glutamine) はアミノ酸の一種で、2-アミノ-4-カルバモイル酪酸(2-アミノ-4-カルバモイルブタン酸)のこと。側鎖にアミドを有し、グルタミン酸のヒドロキシ基をアミノ基に置き換えた構造を持つ。酸加水分解によりグルタミン酸となる。略号は Gln あるいは Q で、2-アミノグルタルアミド酸とも呼ばれる。グルタミンとグルタミン酸の両方を示す3文字略号は Glx、1文字...
  • 栄養素​/コエンザイム (433d) [ 栄養素/コエンザイム ]
    ランネット:ランニング用語辞典:コエンザイムQ10 Wikipedia:補酵素 Wikipedia引用: 補酵素(ほこうそ、英: coenzyme)は、酵素反応の化学基の授受に機能する低分子量の有機化合物である。コエンザイム、コエンチーム、助酵素などとも呼ばれる。 一般に補酵素は酵素のタンパク質部分と強い結合を行わず可逆的に解離して遊離型になる(反対に不可逆的な解離を行うものは補欠分子族と呼ばれる)。補酵素の多くはビタミンとして良く知られており、生物の生育に関する必須成分(栄養素)として良く知られて...
  • 栄養素​/コラーゲン (433d) [ コラーゲン ]
    コラーゲン ランネット:ランニング用語辞典:コラーゲン Wikipedia:コラーゲン Wikipedia引用: コラーゲン(ドイツ語: Kollagen、英語: collagen)は、主に脊椎動物の真皮、靱帯、腱、骨、軟骨などを構成するタンパク質のひとつ。多細胞動物の細胞外基質(細胞外マトリクス)の主成分である。体内に存在しているコラーゲンの総量は、ヒトでは、全タンパク質のほぼ30%を占める程多い。また、コラーゲンは体内で働くだけでなく人間生活に様々に利用されている。ゼラチンはコラーゲンを変性させ...
  • 栄養素​/コリン (431d) [ コリン ]
    コリン ランネット:ランニング用語辞典:コリン Wikipedia:コリン Wikipedia引用: コリン(Choline, Cholin)は、循環器系と脳の機能、および細胞膜の構成と補修に不可欠な水溶性の栄養素である。 関連項目 Prev Next 栄養素
  • 栄養素​/コレステロール (431d) [ コレステロール ]
    コレステロール ランネット:ランニング用語辞典:コレステロール Wikipedia:コレステロール Wikipedia引用: コレステロール (cholesterol) とは、ステロイドに分類され、その中でもステロールと呼ばれるサブグループに属する有機化合物の一種である。1784年に胆石からコレステロールが初めて単離された。室温で単離された場合は白色ないしは微黄色の固体である。生体内ではスクアレンからラノステロールを経て生合成される。 コレステロール分子自体は、動物細胞にとっては生体膜の構成物質であ...
  • 栄養素​/コンドロイチン (431d) [ コンドロイチン ]
    コンドロイチン コンドロイチン硫酸 ランネット:ランニング用語辞典:コンドロイチン Wikipedia:コンドロイチン Wikipedia引用: コンドロイチン硫酸(コンドロイチンりゅうさん、chondroitin sulfate)は、動物体内にみられるグリコサミノグリカン(ムコ多糖)の一種。通常、コアタンパク質と呼ばれる核となるタンパク質に共有結合したプロテオグリカンとして存在する。特に軟骨の細胞外マトリックスにアグリカンと呼ばれるプロテオグリカンとして多く存在するが、皮膚などの結合組織、脳などあ...
  • 栄養素​/亜鉛 (434d) [ 亜鉛 ]
    亜鉛 ランネット:ランニング用語辞典:亜鉛 Wikipedia:亜鉛 Wikipedia引用:亜鉛(あえん、英: zinc、羅: zincum)は原子番号30の金属元素。元素記号は Zn。亜鉛族元素の一つ。安定な結晶構造は、六方最密充填構造 (HCP) の金属。必須ミネラル(無機質)16種の一つ。 関連項目 Prev Next 栄養素
  • 栄養素​/果糖 (433d) [ 果糖 ]
    果糖 ランネット:ランニング用語辞典:果糖 Wikipedia:果糖 Wikipedia引用: フルクトース (fructose)、または果糖(かとう、fruit sugar)は、糖の一種であり、単糖の一つである。水溶性の白色の結晶であり、全ての糖の中で最も多く水に溶ける。フルクトースは、ハチミツ、木に成る果実、ベリー類、メロン、ある種の根菜に多量に含まれている。毎年240,000トンの結晶フルクトースが合成されている。 関連項目 Prev Next 栄養素
  • 栄養素​/脂肪 (431d) [ 脂肪 ]
    脂肪 ランネット:ランニング用語辞典:脂肪 Wikipedia:脂肪 Wikipedia引用: 脂肪(しぼう、食事脂肪)は、動植物に含まれる栄養素の一つ。日本の栄養学では一般に脂質(ししつ)と呼ぶ。また脂肪、脂質、油、脂(あぶら)といった用語は、各々うまく定義されずに使われていることがある。この記事では栄養の観点で解説する。 脂質は、炭水化物、たんぱく質と共に「三大栄養素」と総称され、多くの生物種の栄養素である。この三大栄養素の比率をそれぞれの頭文字をとってPFCバランスという時、英語圏に倣って脂肪...
  • 栄養素​/食物繊維 (431d) [ 食物繊維 ]
    食物繊維 ランネット:ランニング用語辞典:食物繊維 Wikipedia:食物繊維 Wikipedia引用: 食物繊維(しょくもつせんい)とは、人の消化酵素によって消化されない、食物に含まれている難消化性成分の総称である。その多くは植物性、藻類性、菌類性食物の細胞壁を構成する成分であるが、植物の貯蔵炭水化物の中にはグルコマンナンやイヌリンの様に栄養学的には食物繊維としてふるまうものも少なくない。化学的には炭水化物のうちの多糖類であることが多い。 トレーニング 関連項目 Prev Next 栄養素
  • 用語辞典​/LSD (433d) [ LSD ]
    LSD Long Slow Distance の略称 ランネット:ランニング用語辞典:LSD Wikipedia:Long Slow Distance Wikipedia引用: Long Slow Distance(ロング・スロー...LSDを行ったとしても、更なる代謝の調整能力を向上させる上では効果的ではないものと考えられている。 トレーニング 関連項目 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/アイシング (434d) [ 関連項目 ]
    ランネット:ランニング用語辞典:アイシング Wikipedia:アイシング(治療) 関連項目 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/アイソトニック筋収縮 (434d) [ 関連項目 ]
    ランネット:ランニング用語辞典:アイソトニック筋収縮 Wikipedia: 関連項目 アイソメトリック筋収縮 短縮性筋収縮 伸張性筋収縮 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/アイソトニック飲料 (434d) [ 関連項目 ]
    ランネット:ランニング用語辞典:アイソトニック飲料 Wikipedia:スポーツドリンク 関連項目 ハイポトニック飲料 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/アイソメトリック筋収縮 (433d) [ 関連項目 ]
    ランネット:ランニング用語辞典:アイソメトリック筋収縮 Wikipedia: 関連項目 アイソトニック筋収縮 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/アウターマッスル (434d) [ アウターマッスル ]
    アウターマッスル ランネット:ランニング用語辞典:[アウターマッスル:http://runnet.jp/community/dictionary/item_n9.html]] Wikipedia: 関連項目 インナーマッスル Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/アキレス腱 (434d) [ アキレス腱 ]
    アキレス腱 ランネット:ランニング用語辞典:アキレス腱 Wikipedia:アキレス腱 Wikipedia引用:アキレス腱(アキレスけん、英語: Achilles' tendon、ラテン語: tendo Achillis)は、踵骨腱(しょうこつけん)とも言い、足にあるふくらはぎの腓腹筋・ヒラメ筋をかかとの骨にある踵骨隆起に付着させる腱である。人体で最も強く最大の腱で、歩行や跳躍などの運動の際に必要である。 関連項目 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/アクティブレスト (434d) [ アクティブレスト ]
    アクティブレスト 積極的休養のこと。 ランネット:ランニング用語辞典:アクティブレスト Wikipedia: Wikipedia引用: トレーニング 関連項目 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/アライメント (434d) [ アラインメント ]
    アラインメント ランネット:ランニング用語辞典:アライメント Wikipedia:アライメント Wikipedia引用: アライメントもしくはアラインメント(英: alignment)は、並べる、整列、比較などの意味。転じて以下の意味で使用する。 関連項目 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/インターバル走 (433d) [ インターバル走 ]
    用語辞典 インターバル走 ランネット:ランニング用語辞典:インターバル走 Wikipedia: トレーニング 関連項目 ヤッソ800 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/インナーマッスル (433d) [ インナーマッスル ]
    インナーマッスル ランネット:ランニング用語辞典:インナーマッスル Wikipedia: トレーニング 関連項目 アウターマッスル Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/ウインドスプリント (433d) [ ウインドスプリント ]
    ウインドスプリント いわゆる「流し」ランニング ランネット:ランニング用語辞典:流し Wikipedia: トレーニング 関連項目 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/ウエーブスタート (433d) [ ウエーブスタート ]
    ウエーブスタート ランネット:ランニング用語辞典:ウエーブスタート Wikipedia: 関連項目 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/ウォーターローディング (433d) [ ウォーターローディング ]
    ウォーターローディング ランネット:ランニング用語辞典:ウォーターローディング Wikipedia: 関連項目 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/ウォーミングアップ (433d) [ ウォーミングアップ ]
    ウォーミングアップ ランネット:ランニング用語辞典:ウォーミングアップ トレーニング 関連項目 クールダウン Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/ウルトラマラソン (433d) [ ウルトラマラソン ]
    ウルトラマラソン ランネット:ランニング用語辞典:ウルトラマラソン Wikipedia:ウルトラマラソン Wikipedia引用: ウルトラマラソンとは42.195kmを超える道のりを走るマラソンのことである。一...本のウルトラランナーも21世紀初頭では世界でも有数な存在で、100キロ・ロードでは男女ともに世界記録を保持している。 トレーニング 関連項目 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/エイドステーション (433d) [ エイドステーション ]
    エイドステーション ランネット:ランニング用語辞典:エイドステーション Wikipedia: 関連項目 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/エキセントリック筋収縮 (433d) [ エキセントリック筋収縮 ]
    エキセントリック筋収縮 ランネット:ランニング用語辞典:エキセントリック筋収縮 Wikipedia: Wikipedia引用: 関連項目 コンセントリック筋収縮 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/エントリー (433d) [ エントリー ]
    エントリー ランネット:ランニング用語辞典:エントリー Wikipedia: 関連項目 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/オブラ (432d) [ オブラ ]
    オブラ ランネット:ランニング用語辞典:オブラ Wikipedia: トレーニング 関連項目 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/オーバートレーニング (433d) [ オーバートレーニング ]
    オーバートレーニング ランネット:ランニング用語辞典:オーバートレーニング Wikipedia トレーニング 関連項目 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/カルボーネン法 (433d) [ カルボーネン法 ]
    カルボーネン法 ランネット:ランニング用語辞典:カルボーネン法 Wikipedia: Wikipedia引用: トレーニング 関連項目 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/カーボローディング (433d) [ カーボローディング ]
    カーボローディング ランネット:ランニング用語辞典:カーボローディング Wikipedia:カーボローディング Wikipedia引用: カーボ・ローディング(Carbohydrate Loading)とは、スポーツなどの場面で、運動エネルギーとなるグリコーゲンを通常より多く体に貯蔵するための運動量の調節および栄養摂取法である。グリコーゲン・ローディングとも呼ばれる。 トレーニング 関連項目 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/クロスカントリー走 (433d) [ 用語辞典/クロスカントリー走 ]
    ランネット:ランニング用語辞典:クロスカントリー走 Wikipedia: トレーニング 関連項目 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/クロストレーニング (433d) [ クロストレーニング ]
    クロストレーニング ランネット:ランニング用語辞典:クロストレーニング Wikipedia: トレーニング 関連項目 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/クーリングダウン (433d) [ クーリングダウン ]
    クーリングダウン ランネット:ランニング用語辞典:クーリングダウン Wikipedia: トレーニング 関連項目 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/グロスタイム (433d) [ グロスタイム ]
    グロスタイム ランネット:ランニング用語辞典:ガンタイム Wikipedia: 関連項目 ネットタイム Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/コンセントリック筋収縮 (431d) [ コンセントリック筋収縮 ]
    コンセントリック筋収縮 ランネット:ランニング用語辞典:コンセントリック筋収縮 Wikipedia: トレーニング 関連項目 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/コンプレッションウエア (431d) [ コンプレッションウエア ]
    コンプレッションウエア ランネット:ランニング用語辞典:コンプレッションウエア Wikipedia: 関連項目 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/サピネーション (431d) [ サピネーション ]
    サピネーション アンダープロネーション ランネット:ランニング用語辞典:サピネーション Wikipedia: トレーニング 関連項目 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/サブスリー (431d) [ サブスリー ]
    サブスリー ランネット:ランニング用語辞典:サブスリー Wikipedia: Wikipedia引用: トレーニング 関連項目 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/サプリメント (431d) [ サプリメント ]
    サプリメント ランネット:ランニング用語辞典:サプリメント Wikipedia:サプリメント Wikipedia引用: サプリメント(supplement)とは、栄養補助食品(えいようほじょしょくひん)とも呼ば...サプリメントがある。健康補助食品(けんこうほじょしょくひん)とも呼ばれる。 またその市場拡大につれ議論も起こっている。 トレーニング 関連項目 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/サーキットトレーニング (431d) [ サーキットトレーニング ]
    サーキットトレーニング ランネット:ランニング用語辞典:サーキットトレーニング Wikipedia: トレーニング 関連項目 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/サーフェス (431d) [ サーフェス ]
    サーフェス ランネット:ランニング用語辞典:サーフェス Wikipedia: 関連項目 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/シューズ (431d) [ シューズ ]
    シューズ ランネット:ランニング用語辞典:シューズ Wikipedia:シューズ Wikipedia引用: 靴(くつ)とは、足を包む形の履物の一種。 くるぶし(踝)が見える程度の丈のものを短靴といい[1]、そ...に足指の運動がほとんどできないものが多い。 なお、日本では家庭用品品質表示法の適用対象となっており雑貨工業品品質表示規程に定めがある。 関連項目 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/下腿三頭筋 (433d) [ 下腿三頭筋 ]
    下腿三頭筋 ランネット:ランニング用語辞典:下腿三頭筋 Wikipedia:下腿三頭筋 Wikipedia引用: 下腿三頭筋(かたいさんとうきん)は下腿の筋肉の総称。主に足首を屈曲・伸展させる動作をつかさどる。 トレーニング 関連項目 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/主観的運動強度 (431d) [ 主観的運動強度 ]
    主観的運動強度 ランネット:ランニング用語辞典:主観的運動強度 Wikipedia: Wikipedia引用: 関連項目 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/乳酸性作業閾値 (435d) [ 乳酸性作業閾値 ]
    乳酸性作業閾値 ランネット:ランニング用語辞典:乳酸性作業閾値 Wikipedia:乳酸性閾値 :Wikipedia引用 乳酸性閾値(にゅうさんせいいきち、英: lactate threshold, LT)もしくは無酸素性作業閾値(AT)[1]もしくは lactate inflection point(LIP)とは、乳酸が血液中に急激に貯まり始める運動強度のこと。 関連項目 最大酸素摂取量 有酸素運動 乳酸 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/交通規制 (433d) [ 交通規制 ]
    交通規制 ランネット:ランニング用語辞典:交通規制 Wikipedia:交通規制 Wikipedia引用: 交通規制(こうつうきせい)とは、ある道路の一定の区間について、交通事故や災害の発生などの危険がある場合に、その道路の通行を禁止したり、通行速度や通行重量や通行高さの制限を行ったりすること。通行規制とも言う。 関連項目 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/参加標準記録 (431d) [ 参加標準記録 ]
    参加標準記録 ランネット:ランニング用語辞典:参加標準記録 Wikipedia:参加標準記録 Wikipedia引用: 参加標準記録(さんかひょうじゅんきろく)とは、主に陸上競技や競泳、スピードスケートなどの競技大会において、出場・参加を許可する基準として主に大会主催者により選手に対して設定される共通の基準値である。 関連項目 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/収容車 (431d) [ 収容車 ]
    収容車 ランネット:ランニング用語辞典:収容車 Wikipedia: 関連項目 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/周回コース (431d) [ 周回コース ]
    周回コース ランネット:ランニング用語辞典:周回コース Wikipedia: トレーニング 関連項目 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/国際陸上競技連盟 (433d) [ 国際陸上競技連盟 ]
    国際陸上競技連盟 ランネット:ランニング用語辞典:国際陸上競技連盟 Wikipedia:国際陸上競技連盟 Wikipedia引用: 国際陸上競技連盟(こくさいりくじょうきょうぎれんめい、英: Internatio...)は、陸上競技の国際的な統括団体。略称は国際陸連。競技規則を整備し加盟団体の統括と世界的な競技大会の運営を担う。 関連項目 日本陸上競技連盟 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/坐骨神経痛 (431d) [ 坐骨神経痛 ]
    坐骨神経痛 ランネット:ランニング用語辞典:坐骨神経痛 Wikipedia:坐骨神経痛 Wikipedia引用: 坐骨神経痛(ざこつしんけいつう、Sciatica、Sciatic Neuralgia)とは、人の体においてさまざまな原因により、坐骨神経が刺激されることに起因する神経痛。あくまで症状であり、病名ではない。 トレーニング 関連項目 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/完走 (433d) [ 完走 ]
    完走 ランネット:ランニング用語辞典:完走 Wikipedia: トレーニング 関連項目 完走証 リタイア、棄権 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/完走証 (433d) [ 完走証 ]
    完走証 ランネット:ランニング用語辞典:完走証 Wikipedia: Wikipedia引用: トレーニング 関連項目 完走 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/換気性作業閾値 (433d) [ 換気性作業閾値 ]
    換気性作業閾値 ランネット:ランニング用語辞典:換気性作業閾値 Wikipedia: トレーニング 関連項目 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/暑熱馴化 (422d) [ 暑熱馴化 ]
    暑熱馴化 ランネット:ランニング用語辞典:[[暑熱馴化:_]] Wikipedia:暑熱馴化 Wikipedia引用: 暑熱馴化(しょねつじゅんか、英: heat adaptability)とは、徐々に体を暑さに順応させることである。暑熱順化とも表記される。 トレーニング 関連項目 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/最大酸素摂取量 (435d) [ 最大酸素摂取量(VO2max) ]
    最大酸素摂取量(VO2max) ランネット:ランニング用語辞典:最大酸素摂取量 wikipedia:最大酸素摂取量  最大酸素摂取量(さいだいさんそせっしゅりょう、英: VO2 max, maximal oxygen ...(volume)、O2 = 酸素、max = 最大限(maximum)に由来する。 トレーニング 関連項目 乳酸性作業閾値 有酸素運動 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/月間走行距離 (433d) [ 月間走行距離 ]
    月間走行距離 ランネット:ランニング用語辞典:月間走行距離 Wikipedia: トレーニング 関連項目 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/有酸素運動 (435d) [ 有酸素運動 ]
    有酸素運動 ランネット:ランニング用語辞典:有酸素運動 wikipedia:有酸素運動 有酸素運動(ゆうさんそうんどうAerobic exercise)とは、好気的代謝によってヘモグロビンを得るため長時間継続...た嫌気的代謝の生成物である乳酸は有酸素運動と同じくTCA回路で代謝されるので結果的には同じ代謝である。 関連項目 乳酸性作業閾値 最大酸素摂取量 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/棄権 (433d) [ 棄権 ]
    棄権 ランネット:ランニング用語辞典:棄権 Wikipedia:棄権 Wikipedia引用: 棄権(きけん)とは、何かの物事に対する自分の権利を放棄・破棄すること。主に、選挙において有効な投票を行わないことや、大会などの行事に参加を表明した上で開始前・開催中に参加を取りやめる場合をいう。 関連項目 DNS DNF Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/痙攣 (433d) [ 痙攣 ]
    痙攣 ランネット:ランニング用語辞典:痙攣 痙攣 Wikipedia:痙攣 Wikipedia引用: 痙攣(けいれん、convulsion)とは、不随意に筋肉が激しく収縮することによって起こる発作。痙攣のパターンは多種多様であるが、大きく全身性の場合と体の一部分である場合とに分ける事が出来る。 痙攣を新規に発症した場合には、医療機関を受診する事が重要である。 関連項目 カリウム ナトリウム マグネシウム Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/筋肉 (433d) [ 筋肉 ]
    筋肉 ランネット:ランニング用語辞典:筋肉 Wikipedia:筋肉 Wikipedia引用: 筋肉(きんにく、羅: musculus; 独: Muskel; 仏, 英: muscle)は、動物の持つ組織の...けでなく脂身(脂肪分の塊)も一緒になった状態で、タンパク質ばかりでなく、かなりの高脂肪の状態で販売されていることが多い。) トレーニング 関連項目 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/筋肉痛 (433d) [ 筋肉痛 ]
    筋肉痛 ランネット:ランニング用語辞典:筋肉痛 Wikipedia:筋肉痛 Wikipedia引用: 筋肉痛(きんにくつう、英: Myalgia)とは、筋肉に生じる痛みのこと。広義には肉離れなども含み、また... Onset Muscle Soreness = DOMS) 」のことであり、本項目では遅発性筋肉痛について記述する。 関連項目 アクティブレスト Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/給水 (433d) [ 給水 ]
    給水 ランネット:ランニング用語辞典:給水 Wikipedia:Drinks stations 関連項目 ウォーターローディング アイソトニック飲料 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/肩甲骨 (433d) [ 肩甲骨 ]
    肩甲骨 ランネット:ランニング用語辞典:肩甲骨 Wikipedia:肩甲骨 Wikipedia引用: 肩甲骨(けんこうこつ、英名: shoulder blade、羅名: scapula、pl. scapulae、肩胛骨とも)は、四肢動物の肩帯を構成する骨の一つである。 ヒトの肩甲骨は肩に一対あり、後方から肋骨を覆っている三角形状をした大型の骨である。 トレーニング 関連項目 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/記録 (433d) [ 記録 ]
    記録 ランネット:ランニング用語辞典:記録 Wikipedia: 関連項目 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/賞金レース (431d) [ 賞金レース ]
    賞金レース ランネット:ランニング用語辞典:賞金レース Wikipedia: 関連項目 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/距離表示 (433d) [ 距離表示 ]
    距離表示 ランネット:ランニング用語辞典:距離表示 Wikipedia: 関連項目 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/運動強度 (433d) [ 運動強度 ]
    運動強度 ランネット:ランニング用語辞典:運動強度 Wikipedia:[[運動強度:https://ja.m.wikipedia.org/wiki/運動強度]] Wikipedia引用: トレーニング 関連項目 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/関節 (433d) [ 関節 ]
    関節 ランネット:ランニング用語辞典:関節 Wikipedia:関節 Wikipedia引用: 脊椎動物ではこれは内骨格における骨同士の連結部であり、不動性結合と可動性結合とがある。膝・肘・腰・肩など体中の...すいともいわれる。 年齢を重ねるとリウマチなどで関節痛を感じることが多い。関節部分が損傷した場合、人工関節に置き換える治療法がなされる。 関連項目 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/関門 (433d) [ 関門 ]
    関門 ランネット:ランニング用語辞典:関門 Wikipedia: 関連項目 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/駅伝競走 (433d) [ 駅伝競走 ]
    駅伝競走 ランネット:ランニング用語辞典:駅伝競走 Wikipedia:駅伝競走 Wikipedia引用: 駅伝競走(えきでんきょうそう、英: Road relay)は、数人が長距離(長いものでは数百キロ)を...t;Ekiden"と呼んだり、説明的に"Marathon relay"と呼ばれることがある トレーニング 関連項目 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/骨盤 (433d) [ 骨盤 ]
    骨盤 ランネット:ランニング用語辞典:骨盤 Wikipedia:骨盤 Wikipedia引用: 骨盤(こつばん、pelvis)は、大腿骨と脊柱の間で体を支える、強固に一体化した一群の骨の解剖学的名称である。 トレーニング 関連項目 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/高低差 (433d) [ 高低差 ]
    高低差 ランネット:ランニング用語辞典:高低差 Wikipedia: トレーニング 関連項目 Prev Next 用語辞典
  • 用語辞典​/高地トレーニング (433d) [ 高地トレーニング ]
    高地トレーニング ランネット:ランニング用語辞典:高地トレーニング Wikipedia: トレーニング 関連項目 Prev Next 用語辞典

トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 169, today: 1, yesterday: 0